エコカー減税とは? 期間と対象車をレポート

「いつかはクラウン」という言葉がありましたが、今は「軽自動車で十分」と考える人が増えたようです。
2013年の新車販売台数のうち実に40%近くが軽自動車でした。昔はお金がないから軽自動車に乗っているという感じもあったかもしれませんが、今では軽自動車でも新車で200万円近くするものもありますから決して安い車ではありません。それでも軽自動車がたくさん売れているということは、それだけ魅力的な軽自動車が増えたということでしょう。
広い室内、燃費も優秀、それでいて税金などの維持費も安いとなれば選ばない理由もありません。リッターカーと呼ばれる自動車よりも小さくても、遠出しなければ十分だし、小さい分だけ普段の足として使うには小回りがきいて便利です。スーパーの駐車場などでも簡単に止められますからね。
ただし、単価が安くて利益の少ない軽自動車のシェアが増えるということは、利益の大きな普通乗用車が売れないということですから、自動車メーカーにとって全てOKなのかと考えると微妙なところかもしれないですね。