個人が中古車をオークションに出品して売るメリットとデメリット

個人で車をインターネットオークションに出品する長所短所をチェック

 

個人で中古車を売却したくなったときに取れる手段はいくつかあります。
買取専門店への売却や、個人売買、インターネットオークションです。下取りや廃車は売却ではないので置いておきます。

 

 

その中で、個人が中古車をインターネットオークションに出品して売るメリットとデメリットについて解説します。

 

 

メリット

 

まずメリットですが、一番高い値が付く可能性があるという点です。
買取専門店への売却の場合は、自動車オークションでの相場がベースになっており、それ以上での値段は付かないものです。

 

 

また、買取専門店でもマージンを取らなければ利益が出ないので、その分だけ買取り価格は低くなるものです。
個人売買の場合は言い値なので、いくらでも高くすることは出来ますが、売買のチャンスが少ないため、高い値段で買いたいという買い手が見つかることはほとんどありません。

 

 

オークションでは多くの買い手が競り合うため、最も高い値段で売れる可能性があるということです。
多くの買い手の目にも触れますし、宣伝を兼ねてもいます。

 

 

デメリット

 

デメリットですが、全ての手続きを自分で行わなければならないということです。
中古車を売却してから、売却相手へ名義を書き換えなければなりません。

 

 

印鑑証明や委任状、場合によっては住民票などの書類を揃えて陸運局に持ち込んで車検証の名義を変更してもらいます。
手数料もかかりますし、自ら赴いて処理をする必要もあります。

 

 

対して難しいことではありませんが手間はかかるという事です。

 

 

インターネットオークションで車を売る事はこちらのホームページが参考になります。
自動車をヤフオクに出品する前に