エコカー減税 平成27年度基準と平成22年度基準の比較

平成22年度基準と27年度基準

 

エコカー減税排出するガスと燃費の基準値をクリアしている自動車に対して、自動車税、自動車取得税、自動車重量税が免税になったり安くなったりするものです。環境に配慮した車を購入することで購入する時の税を減らすことができますし、維持費も安く抑えることができます。

 

 

エコカー減税を受けるための燃費基準は平成24年の4月までは平成22年度の基準が採用されていましたが、平成24年の4月の法改正により平成27年度の燃費基準を上回っているかどうかが減税の対象にかわりました。

 

 

平成22年度の燃費基準と平成27年度燃費基準は試験方法が変わっており、27年度の方が29.2%も燃費が向上しています。また重量クラスの重量区分が22年度に比べて細分化されています。

 

 

27年度の燃費基準にプラス20%の達成車の場合には取得税、重量税が免税となり自動車税も50%減となります。プラス10%の達成車の場合には取得税、重量税が75%減税、自動車税は50%軽減、27年度燃費基準達成車の場合には取得税、重量税が50%減、自動車税は25%軽減となっています。

 

 

平成24年5月1日から平成27年4月30日までの間に新車新規登録、新車新規検査届出された新車が対象となっています。