軽自動車のエコカー減税はどうなっているの?

軽自動車のエコカー減税はどうなっているのか?

 

エコカー減税とは電気自動車、ブラグインハイブリット自動車などの次世代型の自動車や告訴交通省が定めている排出ガスと燃費の基準値を満たしている環境の面にをいて優れる車のための自動車税、自動車重量税、自動車取得税の待遇措置のことです。

 

 

軽自動車での減税内容は普通自動車とは異なりますので、注意が必要です。
また平成27年度燃費基準+20㌫達成車、+10%達成車、平成27年度燃費達成車、次世代自動車の4つはそれぞれ減税内容が分かれています。次世代自動車はまだ普及していないためわかりやすくするため今回は比較対象にはしません。

 

 

軽自動車は大体普通自動車と同じ内容でエコカー減税が受けられますが少し違うところがあります。それは普通自動車税は減税対象であり、軽自動車税は減税対象外なことです。

 

 

しかしもともと軽自動車税は普通自動車税よりももともと安くなっているためです。普通自動車税が減税されてもまだ、軽自動車税のほうが安いです。なので軽自動車税の減税は無くて当然な物といえるでしょう。

 

 

軽自動車と普通自動車で格差がつきすぎてしまうからです。
結論は軽自動車のエコカー減税は普通自動車には劣るが、軽自動車のもともと維持費が安いためしょうがない物であり、そこのデメリットの分を除いても十分減税されているといえる。"