エコカー減税対象車

エコカー減税の対象となる車

 

最近販売されている自動車はハイブリッド仕様など、低燃費の実現によりエコカー減税を受けられる車が数多く登場しています。その対象になる自動車は環境に配慮した構造で低燃費で低排出ガスの仕様の自動車になります。

 

 

エコカー減税とは平成21年に税制改正によって実施された一定期間の特例措置で、対象は期間限定にもなっています。平成21年の4月から3年位の期間に自動車検査証の交付や返付を最初に受ける場合に自動車重量税の減税が適用されます。また同期間で自動車取得税も減税されます。

 

 

新車の購入に限らず中古車においても上記の期間で交付などを受けた自動車が適用されています。従来のガソリン自動車に対してハイブリッドの動力を持った自動車が普及し始めました。

 

 

一般的なハイブリッド自動車というものは内燃機関であるガソリンに電動機を動力源に加えたハイブリッド電気自動車のことを指します。これに対して外部の電気コンセントから直接充電できる仕様になっている自動車も誕生しプラグインハイブリッドカーと呼ばれています。ガソリンに代わる動力源として電気自動車の他には、燃料電池車や天然ガス車なども導入され、エコカー減税の一番の対象とされてきています。